トップ > 新GET工法

新GET工法 ゲットシステム超速硬化ウレタンの新しい可能性

GETシステム

ゲットシステムは、超速硬化ウレタンを圧縮エアーを多重衝突混合させて防水層を形成するシステムです。JISA6021以上の規格値以上の物性を確保し、従来の超速硬化ウレタンと比較して2倍の厚みを施すことが可能でウレタンの軽量化(低比重化)に成功した新発想の防水システムです。経済性と信頼性の両面を持ち合わせ、付随する様々な性能によりウレタン防水の可能性を大きく広げます。

従来の超速硬化ウレタンの吹き付けシステムに圧縮空気を微粒子化して多重衝突混合させるシステムです。特許を取得しております。

ゲットシステム

特徴1 ピンホール抑制効果(下地隠ぺい力強化)
GETSYSTEM ゲットシステムは、下地への被覆性能が優れるため、下地処理など、平滑処理することなく防水層を形成することが出来ます。この効果により、工期短縮・コスト削減などの信頼性・経済性を持ち合わせます。
特徴2 優れた遮熱効果
GET工法での遮熱効果 圧縮エアーにより遮熱性能が付加されます。高反射トップコートと組み合わせで、より一層の遮熱効果が得られます。
特徴3 優れた遮音性
GETシステムでの優れた遮音性 クッション性があり、従来のウレタンやシートに比べ遮音性に優れます。金属屋根等の工場屋根にも効果があります。
■試験方法(JIS A-1418-1)
「建築物の衝撃音遮断性能の測定方法」
(第一部標準軽量衝撃源による方法)
特徴4 優れた押し抜き性能 スレート屋根の踏み抜き防止対策に有効
GET工法での優れた押し抜き性能

スレート屋根の踏み抜き性能を、日本道路公団規格の≪押し抜き試験≫にて確認した。

■試験方法(JHS 424-004)準拠
「建築物の衝撃音遮断性能の測定方法」
試験結果の2.4kは、φ100㎜=78.5㎠の面で244.8㎏ fであることが確認できた。

このページの一番上へ

ゲットシステムの施工用途と経済性について

ゲットシステム施工状況

ゲットシステムの効果として、同量の樹脂量で2倍の厚みを確保し、優れた下地への隠ぺい力により、下地処理工事を簡素化し、工期短縮やコスト削減に大きく寄与致します。さらに遮熱性能や遮音性能といった効果もあり防水工事だけにとらわれず遮熱塗装分野や防音対策としての分野への期待も大きくなっているのがゲットシステムであります。

≪用途≫

金属屋根 ・ スレート屋根 ・ アスファルト防水 ・ シングル屋根 ・ 塩ビシート
各種防水層 ・ コンクリート ・ 各種金属下地 ・ コロニアル屋根 ・ ゴムシート

≪工事保証≫

工事保証については通常5年から10年ですが品質管理を高めた15年保証の高耐久タイプの仕様もラインナップしております。

ゲットシステムの強度比較表

項目 種類 
ウレタンゴム系1類防水 ゲットシステム
JIS規格 GET1000
  X-2 ㈱ダイフレックス
防水引張性能 引張強さ 2.3以上 5.2
N/mm2
破断時の伸び率 450以上 600
% 
抗張積 280以上 619
N/mm 
防水引裂性能 引張強さ 14以上 272
N/mm 

飛散事故を起こしません。飛散対策MRS工法超速硬化ウレタンの新しい可能性 新GET工法長期保証システム15年30年保証